エンターテイメントや芸能ゴシップやED治療なんかに意識を持つより。

日本は閉鎖された国だと感じることが多々あります。
海に囲まれた島国ということもあり、世界に出るには飛行機もしくは船を使う必要があり、
地続きで移動できる大陸国家と比べるその事実を認めざるを得ないでしょう。
日本人の多くは、テレビで流れることが世界の全てだと感じる方が多いですが、
テレビで流れる情報は当然ながら人為的に選別され私たちに伝えられています。
しかも、日本は2つの企業が独占的にメディアを牛耳る世界的にみて稀有な国です。
世界には何百と国があります。
エンターテイメントや芸能ゴシップやED治療なんかに意識を持つより、
自らの国のやり方を知って世界を知ることはこれから重要な事となるでしょう。

水道工事が縁で立ち寄った国

ずいぶん昔の話ですが、そのころはアンドラ公国のことを知りませんでした。
アンドラ公国を知ったきっかけは、アンドラ公国に立ち寄ることがあったからで、
水道工事業者の車に乗せてもらっていったのです。
すごいご縁だと思いませんか?
実はこの水道工事業者さんは日本に留学経験があり、
バルセロナで偶然ランチを一緒に取ることになったんです。
その日は仕事が終わりということでアンドラ公国の観光に連れていってくれたんです。
ここからハマりました(笑)。

井之頭病院のfacebookって知ってますか?

井之頭病院って知ってますか?
私も最近知ったのですが、近所にある病院なんです。
何故に近所なのに詳しくないかというと、
総合病院とかでなくアルコール依存などを治療する病院なんですね。
下戸な私には遠い世界の国の話です。
例えるなら、日本とアンドラ位でしょうか(笑)
とまあ、冗談はさておき、なんで知ったかと言うと
井之頭病院がfacebookをやっていて引っ掛かったんですね。
何でも新棟を建設中とか。
へ〜。生きる上で知らなくても良い事を知って、また一つ無駄に博識になりました。

柱の装飾で文化を感じる

世界にはたくさんの歴史的な建造物があります。
その建造物で文化や国の違いを感じることが出来ます。
さりげない柱の装飾が、国や文化によって似ていたり、
全然違ったりして
歴史的な背景を考えさせられたりします。
観光地に行くときは、そんな小さな違いにも意識して巡ると
一層楽しい旅行になると思います。
行く前にその国の歴史などを調べておいて知識を入れておくと、
その国をさらに楽しめるので良いですよ。

日本の猫雑貨通販サイト

アンドラ公国って知ってる人少ないですよねぇ。
友人に言っても、あー猫でしょ?って言われるし。
それは、ターキッシュアンゴラ。猫マニアしか知らないよ、そんな猫。
うっかり帰ってから調べちゃったよ。
私は猫マニアではないけど、猫好きなので調べてたついでに
猫雑貨通販サイトを見つけました。日本の猫雑貨は可愛いですね。
ついつい気になったものを買っちゃいました。
脱線しすぎて無駄な出費をしてしまった。気をつけないと。

ほぼ山の独立国へ向かう際に名前シールが必要!?

アンドラ公国はほぼ山に囲まれていて景色がとっても美しい。
ヨーロッパ方面へ旅行に行きたい人がいると、ついついおススメしたくなる国です。
さて、今回は今年社会人になる予定の娘がいる知人から
アンドラ公国へ旅行に行きたいらしいので、おススメスポットを教えてやってくれ
とのご依頼、お安いご用です♪
食事をしながら話をしようということで、知人の家にお呼ばれに…。
帰るときにお礼といって娘さんから名前シールを貰いました。
「旅行グッズに貼ってください」と、嬉しいけどちょっと恥ずかしいかな。

旅行者とニコスと過払い金請求

アンドラ公国に行きたいって人は、たぶん相当旅に慣れた人でしょう。
メジャーな観光地には、ある程度行った人、行き過ぎた人、
世界制覇を目指している人、きっとそんな人たちが多いと勝手に思ってます。
フランスやスペインに行ったついでに行く人もいるとは思いますけどね。
きっとそんな旅好きの人たちは、ニコスとかにお世話になったことがあるはず!
旅行の予約してたけど、別件で急な出費があったり。
とにかく利用したことがある人は、ニコスの過払い金請求って調べてみよう!
お金が戻ってくるかもよ。

水道修理屋さんなんているのかなぁ

アンドラ公国の事を調べていると本当に小さな国なんだというのがわかる。
ただ、バチカンやモナコのような小ささとはまた違って、
隣近所が皆、知り合いというほどの小ささではない。
なので、一般的な暮らしをしている人がほとんどなので、
さまざまな業者さんもいるのだろう、電気屋さん、水道修理屋さん、
ガス屋、車屋などなど。
ただ、こういった国のお店の人って競争ということとは縁遠いところで
商売しているのだろうなぁと考えてしまう。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.